読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月曜日は自主休講

オタクの活動記録をつらつらと

読売ジャイアンツ2016年ドラフト総評

タイトル通り。個人的な考えやら、twitterで言いきれなかった文句とか愚痴なんかを

育成ドラフトは除く

 

【ドラフト結果】

1位 吉川尚輝 内野手(中京学院大)

2位 畠世周 投手(近畿大)

3位 谷岡竜平 投手 (東芝
4位 池田駿 投手 (ヤマハ)
5位 高田萌生 投手 (創志学園高)
6位 大江竜聖 投手 (二松学舎大付高)
7位 リャオ・レンレイ 投手 (開南大卒)

 

 まずはドラフト1位であるが、本指名では田中、ハズレでは佐々木とそれぞれ即戦力投手をクジで逃し方針転換を余儀なくされた。

結果として、今季の課題であった1、2番を打て、二遊間を守れる吉川の指名となった。クジを2度外したとはいえ、補強ポイントとも合致していて、大学No.1野手との評判であった彼の獲得は間違いなく大きなプラスになるであろう。

 続いて2位以降だが、1位で即戦力投手を獲得できなかったため、2位で近大の畠を指名。即戦力投手の獲得に何ら異論はないが、畠は肘を痛めているらしいので、この時点でまだ残っていた高橋を指名してもよかったのかもしれない。

 問題は3位4位と連続で社会人投手を指名したことだ。

 確かに投手は何人いても困ることは無いが、巨人の優先事項は野手>投手であり、正直来年の優勝が厳しいので、将来を見据えてまだ多く残っていた高校生の野手を指名するべきだった。

 続く5位6位だが、何も異論はなく残っていた候補の中から最高の指名ができた。

 高田に関しては5位まで残っていたのに驚きを感じた。

 7位の投手は完全に"はじめまして"なので何も分からないが、 この手の選手が育成ではなく本指名で声が掛かるのであれば、何かしらの魅力があるのだろう。

 

【総括】

 7人中6人が投手といういくら投手豊作年とはいえ、些か偏りすぎているという印象を受ける。

 前述の通り、野手の補強が優先事項であり、チーム再建には時間がかかりそうなことを考えると、高卒野手を数人指名した方が良かっただろう。

 ただ、補強ポイントとズレがあるとはいえ巨人は投手を見る目はそれなりにあるので、それほど大ハズレということにはならないだろう。

 蓋を開けてみないことにはわからないが、 全体的に見ると色々あった去年よりは良い指名ができたように感じる。

 点数をつけるとするなら60〜70点くらいだろうか。

 

 

 

                                                     

 

f:id:ynokonoko:20161021000825p:image

おしまい・。・