月曜日は自主休講

オタクの活動記録をつらつらと

響け!ユーフォニアムの魅力

 こんにちは、ノコノコです。リアルの事情でサンムーンがプレイできず、枕を濡らす日々が続いています。

 

 今回は、現在放送中の2期を受けてより一層"響け!ユーフォニアム"の魅力に取り憑かれてしまい、北宇治高校の吹奏楽部に入部をしてしまった僕がその魅力を語っていきます。

 なお、ストーリーについてはほぼ触れていないので、未視聴の方の閲覧も歓迎しています。

 

 f:id:ynokonoko:20161118035531p:image  

 

 

 

 

       ・キャラが可愛い

 

  至って普通のことですが、キャラの可愛さでアニメ視聴の可否を決めることが多いオタクにとっては非常に重要なものです。

 

   このアニメは部活動が中心となってストーリーが展開されていく青春物であり、また吹奏楽部ということもあって、必然的にそれなりの数のキャラ(特に女の子)が登場します。

   その女子部員たちのビジュアル面ですが、メインキャラはもちろん、ストーリーにあまり絡んでこないような所謂モブキャラでもかなりのレベルを誇ります。

 

  例えば

 

f:id:ynokonoko:20161117064539p:image

 

 f:id:ynokonoko:20161119212715j:image

 

   上が主人公の黄前久美子ちゃん、下が喜多村来南ちゃん。大人のお姉さんって感じがして、とても好きです。

 

   どちらがメインキャラでも見た目だけなら遜色ありませんね。

   この他にも当然可愛い娘は沢山いるので、目の保養にもなるかと思います。

 

   ちなみに、僕の中では中川夏紀ちゃんと鎧塚みぞれちゃんがデッドヒートを繰り広げています。

 

f:id:ynokonoko:20161118042455p:image

 

f:id:ynokonoko:20161118042927p:image

 

   2人ともめっちゃ可愛いしいい匂いしそう

 

   他にも美少女同士の絡みが多々あるのですが、そういうところを見ているとあら^〜ってなりますよね

f:id:ynokonoko:20161120201630p:image

控えめに言って最高

 

 

 

 

   

        ・作画の高レベルでの安定、多彩な演出

 

   これまた普通のことですが、かの有名な京都アニメーションが制作をしているということで、作画や演出が非常に高いレベルで安定しています。

   前期Rewriteの作画を「キャラが動いてない」と酷評していた僕の母親も絶賛するレベルです。

 

   少し話は逸れますが、僕が前期視聴していたアニメの中にクオリディア・コードというものがありました。

   このアニメ、話はなかなか面白くキャラも可愛かったのですが、作画に関しては見てるこちらが悲しくなるほどに酷かったために、ネット上では低クオリディア・コードなどと揶揄されていました。

 

   このようにいくら話が面白くてキャラが可愛いくても、作画が伴っていなければ視聴されにくいので、これに関しての心配がないということは魅力の一つだと思っています。

 

   このアニメは吹奏楽部が題材になっているため演奏シーンがあるわけなのですが、作り込みが素晴らしく視聴していて鳥肌が立つほどでした。

   ネタバレを避けるため詳細は控えますが、そのシーン中には様々な演出が施されていて、さすが京アニだと感じました。

    とにかく、このシーンはそれほどまでに圧巻でした。

    

 

 

 

       ・キャラ個人の魅力

 

   初めに取り上げたのが外面でしたが、今回は内面についてです。

 

   登場するキャラほぼ全員にポケモンでいうところの役割があり、それが非常に人間味に溢れたものであるため話にのめり込んでしまいます。

 

   僕は一応現役高校生なのですが、彼女はもちろん、友達が大している訳でもなく帰宅部だったため、悲しい高校生活を送っていました。そのため、こういう人たちと青春時代を過ごしたかったと毎回思って涙を流しています。

 

   全員が最高すぎて僕の語彙力では語り尽くせないため、これに関してはアニメを視聴していただく他ない。

 

 

   ここまで一つのアニメに入れ込んだこと自体久しぶりなので、魅力を共有したかったがためにこのような記事を書いてしまいました。1期の頃はそこまでハマってなかったのにとても不思議です。

   正直こんな記事を見てる暇があったら、1秒でも早くユーフォの視聴を開始してもらいたいですね。

 

 

   ここまで見ていただいてありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

読売ジャイアンツ2016年ドラフト総評

タイトル通り。個人的な考えやら、twitterで言いきれなかった文句とか愚痴なんかを

育成ドラフトは除く

 

【ドラフト結果】

1位 吉川尚輝 内野手(中京学院大)

2位 畠世周 投手(近畿大)

3位 谷岡竜平 投手 (東芝
4位 池田駿 投手 (ヤマハ)
5位 高田萌生 投手 (創志学園高)
6位 大江竜聖 投手 (二松学舎大付高)
7位 リャオ・レンレイ 投手 (開南大卒)

 

 まずはドラフト1位であるが、本指名では田中、ハズレでは佐々木とそれぞれ即戦力投手をクジで逃し方針転換を余儀なくされた。

結果として、今季の課題であった1、2番を打て、二遊間を守れる吉川の指名となった。クジを2度外したとはいえ、補強ポイントとも合致していて、大学No.1野手との評判であった彼の獲得は間違いなく大きなプラスになるであろう。

 続いて2位以降だが、1位で即戦力投手を獲得できなかったため、2位で近大の畠を指名。即戦力投手の獲得に何ら異論はないが、畠は肘を痛めているらしいので、この時点でまだ残っていた高橋を指名してもよかったのかもしれない。

 問題は3位4位と連続で社会人投手を指名したことだ。

 確かに投手は何人いても困ることは無いが、巨人の優先事項は野手>投手であり、正直来年の優勝が厳しいので、将来を見据えてまだ多く残っていた高校生の野手を指名するべきだった。

 続く5位6位だが、何も異論はなく残っていた候補の中から最高の指名ができた。

 高田に関しては5位まで残っていたのに驚きを感じた。

 7位の投手は完全に"はじめまして"なので何も分からないが、 この手の選手が育成ではなく本指名で声が掛かるのであれば、何かしらの魅力があるのだろう。

 

【総括】

 7人中6人が投手といういくら投手豊作年とはいえ、些か偏りすぎているという印象を受ける。

 前述の通り、野手の補強が優先事項であり、チーム再建には時間がかかりそうなことを考えると、高卒野手を数人指名した方が良かっただろう。

 ただ、補強ポイントとズレがあるとはいえ巨人は投手を見る目はそれなりにあるので、それほど大ハズレということにはならないだろう。

 蓋を開けてみないことにはわからないが、 全体的に見ると色々あった去年よりは良い指名ができたように感じる。

 点数をつけるとするなら60〜70点くらいだろうか。

 

 

 

                                                     

 

f:id:ynokonoko:20161021000825p:image

おしまい・。・

 

 

 

 

【S15使用構築】 サイクル回したかった系スタン 【最高2190・最終2103】

皆さんS15お疲れ様でした。TN:Kiss Shotで潜っていました。対戦していただいた方々、ありがとうございました。僕は元々今期は潜るつもりはなかったのですが、からりん杯等のおかげでモチベが上がったこともあり、結局潜ってしまいました。

今期はレートがインフレしていたということもあって、自身の最高レートを2190まで伸ばすことができました。2200に届かなかったのは非常に残念でしたが、自分の実力を考えれば当然かなといった感じです。

余談ですが、最終日にツイッター上で某氏が公開した構築のオリジナルです。

 

f:id:ynokonoko:20160517172354p:image

並びは前期使っていたものと全く同じです

 

【個別紹介】

http://livedoor.blogimg.jp/lllawright/imgs/3/3/33a45f40.gif

 ボーマンダ@ボーマンダナイト

性格:意地っ張り  特性:威嚇→スカイスキン

実数値(メガ後):187(132)-198(116)-151(4)-×-125(116)-158(140) 

技構成:捨て身タックル/竜の舞/羽休め/空元気

 

構築の軸であり、このパーティの強力な勝ち筋。恩返しではなく捨て身を採用しているのは1舞後にABガルーラを突破するため。地震を切った飛行技のみの構成になっているが、特別欲しいと思ったこともなく空元気のメリットを感じる方が圧倒的に多かった。

特殊耐久の目安は珠バシャーモのめざ氷を耐えるくらい。

 

http://livedoor.blogimg.jp/lllawright/imgs/1/5/15f7a35b.gif

マンムー@ゴツゴツメット

性格:腕白  特性:厚い脂肪

実数値:217(252)-152(12)-144(244)-×-80-100

技構成:氷の礫/地震/ステルスロック/毒毒

 

マンダのお供。相変らず秘密の力ガルーラが多いため、ガブリアスを止めたりステロや毒で裏のサポートをするのが主な仕事。技構成に関してはこれ以外ないと思っている。

終盤に話題になったドレインパンチを搭載したガルーラには、威嚇を入れられればゴツメダメが回復量を上回る。

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/lllawright/imgs/2/3/2380e8a8.gif

バシャーモ@バシャーモナイト

性格:意地っ張り 特性:猛火→加速

実数値:155-233(252)-100-×-101(4)-152(252)

技構成:フレアドライブ/飛び膝蹴り/バトンタッチ/守る

 

数を増やしたガルカバゲッコの並びが辛かったため、叩き落とすをバトンタッチに変更。これによって、やや遅めだったパーティの全体的なSの底上げに成功した。

クレセリアカバルドンが非常に多い環境なので、このポケモンで全抜きというわけにはなかなかいかなかったが、それでも強力な駒であることに変わりなかった。

このパーティ唯一のゲッコウガに対する回答。

 

 

http://livedoor.blogimg.jp/lllawright/imgs/7/6/767c2f36.gif

ギルガルド@食べ残し

性格:控えめ 特性:バトルスイッチ

実数値(シールド時):145(76)-×-171(4)-94(188)-172(12)-109(228)

   (ブレード時):145(76)-×-71(4)-213(188)-72(12)-109(228) ※A個体値0

技構成:シャドーボール/毒毒/キングシールド/身代わり

 

CS毒残飯ガルド。圧倒的な対クレセリア性能は魅力的だが、ガルガブゲンにかなり隙を見せるので、慎重な立ち回りが必要。型に関しては一考の余地あり。

 

http://livedoor.blogimg.jp/lllawright/imgs/c/1/c17d6544.gif

ボルトロス@突撃チョッキ

性格:控えめ 特性:蓄電

実数値:159(40)-×-91(8)-202(148)-114(108)-147(204) ※H個体値U

技構成:10万ボルト/めざめるパワー(氷)/サイコキネシス/気合玉

 

バトンをもらって相手に圧力をかけていく枠。バトン先としては悪巧み型が一般的だが、バシャーモと同時に選出しない場合やスイクンボルトロスに後出しすることを考えて引き続きチョッキで採用。耐久はメガゲンガーのヘドロ爆弾を2耐えする程度。

 

http://livedoor.blogimg.jp/lllawright/imgs/f/8/f84ca600.gif

スイクン@カゴの実

性格:図太い  特性:プレッシャー

実数値:205(236)-×-176(196)-108-135-115(76) ※C個体値27

技構成:熱湯/凍える風/瞑想/眠る

 

相手の耐久ポケモンを起点に瞑想を積んで相手を詰ませるのが主な仕事。バトン先として最近流行りのCに割いた型ではなくBに割いているのは、パーティ単位で重めのファイアローと戦えるようにするため。凍える風を採用しているが、冷凍ビームが欲しい場面もあったため、そこは選択だろう。

 

【総括】

まず辛かったポケモンに関して

ゲッコウガ…誰も受からない。処理ルートはバシャで倒すorバトン後の瞑想スイクンで詰めるor気合玉を当てるのいずれか。スカーフとか襷は知らない

瞑想ニンフィア…全て対面から負ける。こちらはマンダかバシャの圏内に入れればなんとかなる

メガギャラドス…無理

他にも色々いますが、挙げるときりがないのでこれくらいで。

それなりに長い間ボーマンダ+ゴツメマンムーを使用してきましたが、今期は今までに比べるとボーマンダがやや動きやすかったように感じました。2200にあと一歩届かなかったのは、完全に自分の実力が足りていなかっただけなので次回作で巻き返したいと思っています。

大学受験が終わったら、ポケモンツイッターも再開したいと考えています。

 

なにか質問がありましたらコメント欄にお願いします